電子機器を製造するために革新を続ける精密機器などの製造技術

変化する作業工程

向上する安全性

ディスペンサーを利用して作業工程が変化することによって、作業現場では向上する安全性によって従業員満足を得られることにつながります。
薬剤を細かく塗布するためにシリンジなどではなく、ピンや爪楊枝のような細い棒状の道具を活用している場合、どうしても作業中は薬剤のボトルを開け放ったままにしておく必要があります。
その結果、製造の現場で誰もが通る苦難として、開け放ったボトルの口から放たれる揮発した薬剤の匂いによってつらい思いをすることに慣れることが求められます。
プラモデルを製造した経験のある人なら多くの人が経験している、接着剤や塗料のツンとしてクラクラする匂いに充満した室内は、作業者にとってとても苦痛な上に、健康問題を生み出す原因にもつながります。
ディスペンサーを導入して、ボトルを開け放って作業をする必要性をなくせば、この健康被害を可能な限り軽減することができます。その上で作業の精度が向上することも踏まえると、間違いなくディスペンサーを導入することは欠かせません。

腱鞘炎などの予防

ディスペンサーを利用せずにチューブを絞る形で薬剤を塗布する作業を行う現場では、作業量が増えることによって手の疲労が蓄積することが問題です。
そしてこの問題は、疲労による生産性の低下や生産物の品質低下を招くばかりか、手の使いすぎによる腱鞘炎を始めとした健康障害を招くことにもつながります。
手作業の問題として、作業量が行き過ぎると作業者の健康を損なうことに注目することは大切です。
労災事故の対象になる可能性があるばかりか、作業者の生活を損ねることによって、企業そのものの体制が揺らぐ恐れも懸念されます。
ですから、ディスペンサーの導入は品質向上だけでなく、従業員の健康を守ることによる従業員満足を生むことができる能力も持つ方法として提案できます。

↑ PAGE TOP