電子機器を製造するために革新を続ける精密機器などの製造技術

コストの安定化

安定した吐出量

ディスペンサーと呼ばれる機器は世間一般に様々に存在していますが、製造業界においては液剤定量吐出装置とも呼ばれて、液体状の薬剤を決まった量目で吐き出すことができる点に特徴があります。
この技術は、もちろんノズルによって精密な作業ができるというメリットを与えてくれると同時に、さらには安定した吐出量を実現することができるという点が製造業にとって、さらには消費者にとって恩恵を与えます。
もともと液状の薬剤は、注射器状のシリンジや、ホットドッグにケチャップを塗りつけるようにチューブを利用して、人間の手作業で対象物に塗布されることが多い素材でした。
ですが、ここで問題になることとして存在する壁に、人間の手先はそこまで繊細ではなく、シリンジやチューブを握る握力は安定しないという点があります。
もちろん、修行を積んだ経験豊富な職人ともなればその安定性は高まると想像できます。それでも、コンマ単位の誤差が生まれないとはいえません。
その点、ディスペンサーはそういった誤差を一切なくすことができます。そのため、薬剤の浪費、もしくは不足を回避することができます。
薬剤が浪費されればその分細かなコスト上のロスが発生して、最終的には大きな損失として積み重なっていきます。そして、そのロスは原価として消費者にも影響を与えますし、企業の存続にも細かな点では関わってきます。
さらに、薬剤の量にムラガできることによって、例えばきちんと接着できていなかったという不良品が発生したり、薬剤が多すぎて不良品の原因になったりすることも懸念されます。
ディスペンサーを利用することは、懸念されるこれらの問題を打破することができる有意義な方法です。人間の手先の代わりに、人間の手先以上に精密なディスペンサーを利用すれば、品質向上とコストダウンに間違いなくつながります。

↑ PAGE TOP