電子機器を製造するために革新を続ける精密機器などの製造技術

導入できる現場

多種多様な製造現場

ディスペンサーという精密機器は、限られた業界の製造現場だけに利用されるものではありません。製造業と名前のつく現場なら、ほぼ間違いなく利用することができるのがディスペンサーです。
製造業の現場には、必ずと言っていいほど何かを接合することで製品を形成する場面が登場します。
その中でも注目したい製造現場として、例えば超小型電子機器を製造するような現場ではことさら精密な作業が求められます。
製品をコントロールするために欠かせない電子基板は、とても精密なレベルでの技術で接着されることが必要で、僅かな誤差でも不良品を生む可能性があります。
そうは言っても、あくまでも製造業としてかせられた生産性を追い求めるためには、細かな作業に築一時間をかけている余裕もありません。反対に、生産性を追いかけて粗雑な作業を行うわけにも行きません。
ですから、ディスペンサーによって、超精密加工が必要なピンポイントに必要な数量の液状接着剤を塗布する作業を、安定してスピーディにさばくことができるようになります。
精密機器を製造するために必要な技術を機会的にサポートして会得することができるという点で、ディスペンサーは精密機器製造業に間違いなく必要な製品です。

数をこなせる余裕

ディスペンサーを導入することができる現場は、精密作業を行うような場所だけではありません。
なぜならば、接着剤を塗布するためのボトルをずっと手に持って作業することによる疲労は非常に大きいと考えられる反面、ディスペンサーを導入すれば軽量な射出部を活用して作業を行うことができます。
これによって、人間の疲労を極限までなくすと同時に、休憩による交代もなくなり、品質の安定と製造過程の効率化を図ることができます。
接着剤を例にして考えてきましたが、何かしらの液剤を利用して作業を行うことが求められる現場では同様の効果をどこでも期待できるといえます。
これもまた、ディスペンサーを導入することで得られる、数をこなせる余裕というメリットだといえます。

↑ PAGE TOP