電子機器を製造するために革新を続ける精密機器などの製造技術

小さな範囲に塗布

人間の限界

ディスペンサーという機器を導入するのかしないのか、そこで問題となるのは人間自身が持つ技術力の限界です。
人間の技術が素晴らしいレベルに達することによって、それこそ米粒に文字を書き込むというような達人を超えた芸当を見せることができるほどの成長を人間が果たすことは可能ではあります。
ですが、達人のレベルを越えるほどの精密かつ器用な手先を手に入れることは、常人には到底できないことです。また、そのための修行をずっと行うことは業務として行うには非現実的です。
製造業に求められることに、もちろん精密な作業品質が存在することは間違いありません。ですが、それ以上に精密機器をどんどん生産して、取り扱っている製品で売上を生み出し、社会貢献と自分たちの食い扶持を稼がないといけません。
それを考えた時に、達人レベルの器用な手先が求められる作業を生業にするためには、人間の力に頼りきりでは限界がやってくることは想像に難くありません。
そこで、ディスペンサーを導入することができます。
ディスペンサーという精密機器が持つ機能は、様々な機種に共通して「細かな範囲に狙った量の液体を塗布することができる」という機能です。
液剤定量吐出装置とも呼ばれるディスペンサーを利用すると、人間が自分の手作業で接着剤などの液体を塗布するよりも、簡単かつ正確に、そして必要な分だけの接着剤を効率よく塗布することができます。
属人的な作業が機械的な作業になることで、作業レベルの平均化と底上げを図ることができて、それによってディスペンサーは製造業を盛り上げてくれる機器です。

↑ PAGE TOP